クリス・ウォーメルは中古より新品がお得です

考えさせられる一冊です。友人へのプレゼントで購入しましたがとても喜んでもらえました。絵を見て!引きつってましたが「かわいそう〜」と何度も繰り返し読んでいました。

コレです!

2017年03月04日 ランキング上位商品↑

クリス・ウォーメルひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ [ クリス・ウォーメル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

涙が止まらないってのは照れくさいけど!きっと心の栄養ですね。ちゃんと、こわい顔でもやさしいひともいるんだよね!と感想をのべてました。悲しい話が好きな小1の娘へ。涙なみだ…ただ涙です。せつなくて、せつなくて…でもだれも責められない…涙がはらはら…落ちてきます。とてもせつなくって!大人が読んで泣けてしまうような!ひとりぼっちの「かいぶつ」のお話です。また、少し成長した時に読み直して、また、他に感じる事がありそうな一冊です。3歳の息子に...と思って購入しましたが、私が気に入りました。読んだ後に、しばらくは静かなままでいたい…そんな絵本です。元々本好きなんですが!最近子供に絵本読んであげてないな〜と思って購入しました。なんだか切なくなる絵本です。この本に出合えて良かったです。醜いけど心のやさしいかいぶつの切ない気持ちが胸を打つ本です。レビューを読んで、読んでみたくなって購入。この表紙!見てください!恐くってまだページめくってないんですけど・・・3歳のたっくんにもまだ早いかな?でも!怪獣大好きなんで大丈夫!?かと思って買ってみました。せつなく!そしてはかなくもあるそんな一冊です。泣けます。。いろいろ考えさせられる…深〜い絵本でもあると思います。切ないって気持ちはまだわからないだろうし私と同じ気持ちではなかったかもしれませんが子供達なりに何かを感じる1冊だったのだと思います。表紙を見て怖がる3歳の娘と「すごい顔!」とおどける5歳の息子を膝に座らせて読んだのですが!次第に子供達の口数が少なくなり!真剣に見聞きしていました。まず読んで、1年生の長男にはまだ難しいかな〜?と思ったのですが、そんなことなかったです。深いストーリーですが!子ども向きではないかな。インパクトもありました。ちょっと悲しい物語ですね。胸が苦しくてたまらなくなった絵本です。